rinmiecontaのブログ

不妊治療を続けてきましたが、子供は授かりませんでした。
今現在旦那とニャンコと暮らしています。
趣味のこと、日常のこと、つづりたいと思います。

なんか泣けてきた、、。

こんにちは。

今日は風が冷たくて外に出たくない日です。

昨日夜寝る前に本を読んでたんだけど。

(左顔)

ストーリーは主人公の女性が母の死後、やっていた飲み屋の後を

自分流に新しい店を立ち上げ奮闘していくわけなんだけど、、、。


その主人公は猫を飼っていて、いろんな苦難を猫(たろちゃん)が

支えになって乗り越えていくんだけど、お店が軌道に乗ると同時に

たろちゃんはお留守番が多くなり、気づいたときは具合悪くなり、

あっという間に亡くなってしまった。

(右顔)

残された主人公は肉親もいなくなってたろちゃんもいなくなって

毎日のように泣き続ける主人公。

仕事は淡々とこなしていくが、家に帰ると猫がいない。

(群ようこさんの本)


まさかこんなストーリーだと思っていなかったので読みながら、

泣けてきてしまい、最後まで読まずにはいられなくなってしまい、


ワンコの介護の時のことや、ミィーはまだ5才だけど、

急に病気になることだってあるし、、、。

いろんなことを考えてしまった。


リンが亡くなった時、支えてくれたのがミィーちゃんだったから。

そのミィーがなくなったらと思うと、泣けてきた。

(正面顔)

犬や猫を飼っている人はたくさんいると思いますが、

本にもあったけど母が亡くなった時よりもつらいって。

肉親の死よりも悲しいのだ。

私もそうだった。ワンコが死んだときのほうが義父の時よりしんどかった。


永遠はない。必ずお別れは来る。

病気にもなるし、最後まで責任を持って飼ってほしい。


今日のミィー

羊毛ちくちくしたいけどミィー近すぎて針にちょっかい出さないか

気になっちゃって集中できないよ~。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。